ニキビ跡


ニキビ跡は、赤みを帯びたシミ(色素沈着)、クレーター(凸凹)といった、皮膚細胞が破壊されたことで現れる症状を指します。

主な原因は、指や爪で直接ニキビを潰すことによって引き起こされます。また、自然に潰れてもニキビ跡が残る人もいます。


心構えと対策

ニキビ跡は、ニキビができはじめた段階から後を追うように現れます。

ニキビが比較的多い方の場合、表面上のニキビに気を取られているケースが多く、普段あまり気にする余裕がありません。

しかし、炎症が治まった後から途端にシミやクレーターが目立ってくるため、その現状に驚き何とかしようとするも、有効な解決策を見つけることができないケースがほとんどです。

ニキビ跡を作らないためには、ニキビを潰さない対策も必須ですが、ニキビを発症させないための根本的な正しいケアが重要となります。

では、その正しいケアとは…?


メールマガジンでは、更に詳しい内容、ニキビ予防・対策といった、様々なケアの方法を無料でお伝えしています(^-^*)


参考

赤み・色素沈着

説明:ニキビを潰す潰さないに関わらず、赤くなったりシミが残ってしまう。



クレーター

説明:膿んだ状態が長期間続いたり、指で直接ニキビを潰すことで現れる。





ニキビケアガイドへ戻る




Copyright (c) 2009-2010
Hada Care Net
All rights reserved.